私が実践したダイエット方法

まずは私のポリシー

■無理しない
 (リバウンドしたら意味がない)

■極力お金をかけない
 (モデルが出演する派手なCMからは目をそらす)

■健康的に痩せる
 (短期効果は追わずに根本的な体質改善を目指す)

実践した事

①歩く距離を増やす

目的は運動量を増やすため。
でもワザワザ運動する時間を確保するのはダルイ。
しかも何度もダイエットに失敗してきた私としては、強制的に実行できるルールを作った。

それは通勤に使うバスを徒歩にするというルール。
距離にして約3km。
時間にすると40分ぐらい。
汗ばむくらい頑張って早歩きすると30分。

これでバス料金9,200円(1カ月の定期代)が浮きます(笑)
この浮いたお金の使い道はのちほど。

②スマホアプリでレコーディング

私が使っているのはRunKeeper
名前からしてランニング用だと思うが・・・
ウォーキングにも十分使えます!

測定結果

スマホのGPS機能を利用して移動距離・時間・平均時速・消費カロリーを計測可能。
あと先週と今週のアクティビティ比較や、いままでの総距離も記録されます。
これ全部無料版の機能。
有料版は必要ないです。

自分が頑張った記録が残されていくので、モチベーションを維持するのに最適。
ちなみに私はこれのおかげで、色々な場所を歩きたい衝動に駆られています。

モチベーション維持ツールなので、自分の気に入ったツールでOK。
例えば歩数計アプリとか。

③正しい姿勢+腹式呼吸

色々ウォーキングの本とか読みました。
数冊を簡単に要約すると、「正しい姿勢で歩け!」という内容だった。
正しい姿勢とは何かといわれると、背筋を伸ばして下腹(丹田というらしい)に力を入れて歩くと良い。

あと歩く時に腹式呼吸をマスターするとなお効果が出るが、それはのちのち。
まずは正しい姿勢だけを意識してスタートし、慣れてきてから腹式呼吸を取り入れよう。

④21時以降の食事を止める

無理をしない事をポリシーにしている為、過度な食事制限はしていない。
ただ唯一ルールを決めたのは、21時以降の夕食を止めること。
朝お腹を空かせて起きる生活にチェンジです。

でも毎日歩くようになってからは、脂っこいものを控えるとか、甘いものは連続で食べないという意識が自然と働くようになった。
これはRunKeeperで歩いた分の消費カロリーをチェックしている心理的効果だと思う。

⑤基礎代謝量をあげる為のサプリを飲む

人間の基礎代謝量は20歳過ぎたら減リ始める。
だから20代以降は自然の摂理で太るもの。
それを食い止めるのがダイエット。
つまり運動して筋肉をつけて基礎代謝量を増やさなければ駄目なのです。

ただ私の場合はそんなに頑張れない。
そこで毎日歩く事で浮いたバス代を、基礎代謝量を高める為のサプリメント費用に使うのです。
といっても十分お釣り来ます。

私が飲んでいるのはコレ。

初回は1袋無料プレゼント付だし。
その後の費用も1カ月1,555円と低出費。
この程度で健康的なスタイルを維持できるのだから、かなりコストパフォーマンスの良い自己投資と考えています。

その後の経過と結論

この取り組みを始めて既に1年半が経過。

最初の半年で-5kgを記録。
その後の半年で-2kg

それからの体重はあまり変わっていません。
自分にとって現在の体重がベストだと思うので、これからも維持していく予定。

体重の変化も大事だけど、それ以上に活動的な性格に変わってきたのが嬉しい副作用。
体力に自信がついてきたから、友人と一緒にアウトドアを楽しむようになりプラスの循環。
以前より体内年齢は確実に若返ったと思います。

改めて私が実践した事をまとめてみました。

  1. 過激なエクササイズは最初から諦める
  2. 精神が貧しくなる過度な食事制限はしない
  3. 生活習慣の中に「ウォーキング」を義務付ける
  4. 毎日続けられる仕組みを作る
  5. サプリ活用で効果促進
  6. 基礎代謝を上げて体質改善

実は大したことはしていない。
でもおそらくこの方法が王道だろう。
運動だけで理想体型に近づけるのはキツイし、サプリの効果だけに頼っても駄目だと思う。

ページの先頭へ戻る